創立者「額田晉」の世界観

額田 晉 著 「自然・生命・人間」 より

A transcript of NATURE LIFE MAN by Susumu Nukada

Translated by Tatsuo Shibata

人生はわれらの内心の表現であり

日々の行為はわれらの内心の絶え間ない現れである

それゆえ心の持ち方ほど大切なものはない

 

Life is an expression of our inmost hearts.

Daily conduct is the unceasing manifestation of our inmost hearts.

Therefore, nothing is more important than the way we think and feel.

No.1

何のために自然と人生を探求するのであるか

何のために自分を反省するのか

それは人間らしく生きたいからである

 

Why do we pursue the study of nature and human life?

Why do we meditate on what we ourselves are?

It is because we desire to live as men should live.

No.2

いかに理知に富んでいても

しっかりした人生の目標がなく

ただその日その日を過ごしていたならば

ちょうど かじがなくて航海する船のようなものである

 

no matter how rich in intelligence one may be,

Should a firm goal in life be lacking,

If one were to live only for the passing days,

Then would it be like a rudderless ship sailing on the sea.

No.3

無限なる天体のうちに 雄大なる自然のうちに

そして美しい青空のもとに

われらは生活しているのである

 

Within the infinite galaxy, within the grandeur of nature

And beneath the beautiful cerulean sky

We carry on our existence.

No.4

松はみどりに 花は美しく咲きほこっている

それはわれわれの眼に映る自然のすがたであり

永劫不滅なる実態のあらわれであるのだ

 

Proudly the pines grow green, the flowers bloom prettily.

These are aspects of nature reflected in our eyes,

The manifestations of an eternal and imperishable entity.

No.5

人間は人間だけで生きているのではない

われわれのまわりには山あり川あり

草あり木あり あらゆるものがある

その中に人間として生をうけたのである

 

Mankind does not live by itself alone.
Around us are mountains and rivers,

Grass, trees, and things of every description

In the midst of which we have been given life as men.

No.6

人間はもともと大自然の一部として

自然界のうちに生き

大自然のうちに生命を託しているのである

 

Man, originally a part of Mother Nature,

Lives in the natural world

And into the hands of Mother Nature has he placed his life.

No.7

幽玄をきわめた大自然のうちに一身をゆだねて

心ゆくばかりその霊妙な情調を経験するときほど

人間は幸福な祝福にみちた時はない

 

With his life entrusted to the profundity of Mother Nature,

It is when he experiences its ysterious mood to the fullest measure

That man is most happily blessed.

no.8

永遠にゆくものは人の世の流れであり

たれの身の上にもくるものは死である

それゆえ 死に徹底して生の喜びを再認識しよう

 

The stream of life flows on eternally through generations.

But to every individual comes death at last.
Therefore, while knowing death well, let us comprehend once again the joy of life.

No.9

死を恐れるな

死はわたくしたちの個体が他のすがたに変わっていくことである

そして小我より大自然のはてしなき

永遠の流れに合流することである

 

Fear not death.

Death is the change of our individual bodies into other forms,

it is the confluence of our infinitesimal selves

With Mother Nature's limitless and never-ending stream.

No.10

生を愛せよ

生命は尊い自然の贈りものである

自分や他人の生命を尊重しないのは罪悪である

 

Love life.

Life is nature's precious gift

Not to repect one's own life and the lives of others is a heinous crime.

No.11

もしも自分は不幸な境遇なのだ

生まれて来ない方がよかったと考える者があるならば

それは小さな自分というものにとらわれているのである

 

Should there be one who thinks his lot is unhappy,

Wishing that he had never been born,

Such a one is too possessed with this small thing called self.

No.12

自分の地上においてなすべきこと

自分の氏名をはたすためには

まず何よりも健康でなければならない

 

To do what one should do on earth,

To accomplish one's appointed task,

First and foremost, health is required above all else.

No.13

健康な身体に

健全な精神の宿るよう

ふだんの生活に注意しよう

 

So that in a sound body

A sound mind can dwell,

Let us be watchful of our everyday life.

No.14

人間の人間としての特徴は

物事を深く考えるにある

 

To man, the chief characteristic of man

Is that he thinks deeply on all things.

No.15

人間は自然より与えられた才能をもって

絶えず創造し倦むことがない

 

With the ability bestowed on him by nature,

man creates incessantly, untiringly.

No.16

科学の本質は

自然界における真理の探求にある

科学を総合して正しい自然観を会得しよう

 

The essence of science

Lies in the pursuit of truth in the natural world.

By coordinating science, let us obtain a correct outlook on nature.

no.17

すべての善い主張 善い意見 善い判断は

正しい知識にほかならないのだ 正しい知識こそは

実に正しい思想と行動との源泉であるのだ

 

Every good tenet, good opinion, good judgement

Is identical with correct knowledge; correct knowledge

Is the well from which correct thought and action flow.

No.18

われらは良心にきいて恥じない行いをするであろう

だが良心が真に良心であるためには

正しい知識によって準備されなければならない

 

Heeding the voice of conscience, we should so act as to feel no need of shame.
For conscience, however, to be true conscience,

Correct knowledge is a prerequisite.

No.19

つねに正しい知識を求めよう

そして正しい知識にもとづいて世のため人のため

社会のためにはたらこう

 

Let us at all times seek correct knowledge.

Then with correct knowledge as the basis,

Let us work for the sake of the world and for mankind's sake.

No.20

われらは全人類のうちに生き

全人類のために生きているのである

 

we live in the midst of mankind as a whole

And it is for the whole of mankind that we live.

No.21

たとえ一時的であっても人生の苦痛を忘れ

人々の心を楽しませ慰めるものは芸術である

 

Whatever can make men forget life's suffeings even for a moment,

Whatever that delights and consoles the hearts of men - is art.

No.22

食と性との本能のままに動き ただ生きるために生きる動物

それと異なって人間は生きることの意味を自覚し

この目的のために努力する生活体であるのだ

 

Animals, motivated only be the instincts of food and sex, live only for the sake of living.

Differing from them, men are aware of the meaning of life

And form a living unit that endeavors to attain the goals of life.
No.23

人間は自分の力と境遇との許す限りにおいて

自分と隣人との幸福を

つくり出すために生きているのである

 

To the utmost limits permitted by his strength and environment,

Man lives in order to secure

His own happiness and the happiness of his fellow men.

No.24

 

 

おのれを全うし人を全うする
自分にもよく他人にもよい道を歩む者は
最もよく自己を生かす人間である

 

Perfect one's own self, perfect others as well.
He who walks a path that is good both for himself and others
Is making the most of his own self.

No.25

 

仰ぎみる天体の星体
それはどうして発生し どのように変化していくのであるか
自然の恩恵にあずかるわれら地球人こそは
宇宙の進化発展にたいして独自の使命を感ずべきではなかろうか

 

The constellations in the heavens above:
How were they created, how do they undergo change?
Should not we earthlings, enjoying nature's benevolence, be the very ones
Most conscious of our particular mission in the evolution, the development of the universe?

No.26

 

すべての物は大自然のうちに含まれた存在であるのだ
そしてすべてのものは自然の理にしたがって
はてしなく進展していく

 

All things exist within the embrace of Mother Nature.
All things conform to the principles of Mother Nature
In their eternal development.

No.27

 

宇宙そのものが全体として進展的であるあいだ
その中にある人とその社会とだけがどうして固定的でありえよう
個人は変化し 社会は交代し 民族は推移しても
絶えず発達して止まないものは人類の文化である

 

As long as the universe itself is developing as a whole,
How can man and his society within the universe alone remain immobilized?
Individuals may change, one society may give way to another, one race may follow another,
But the culture of mankind develops fore
ver, without end.

No.28

 

個々の人間は自分の才能を生かして
人類全体の向上発展に役だつ仕事をしようと努力する
そこに人生の意味が見出されるのである

 

Each man seeks to utilize his talent
As he carries on work benefiting the advancement and development of mankind as a whole.
In this can be found the meaning of life

No.29.

 

人生を最も有意義にするには
自己の才能をもって宇宙の進化的過程に寄与することである
自分がどんなに小さくても一個の清い流れとして
永遠なる宇宙の流れに貢献しようと努力することである

 

In order to make life most meaningful,
Offer one's talent to the evolutionary process of the universe.
No matter how insignificant one may be, endeavor as a single pure stream
To contribute to the eternal flow of the universe.

 

No.30

 

人生は自分のものではなく 生命を与えてくれた自然のものである
そして人生の目的は人間ではなく大自然そのもののうちにあるのだ
それゆえ われらは自然の動きに一致して
絶えず自己および他人の完成への道を進まねばならぬ

 

Existence is not one's own ; it belongs to Mother Nature which gave us life.
The aim of existence lies not with men but with Mother Nature itself.
Therefore should we become one with the development of nature
And advance constantly along the path toward perfection of one's own self and others.

No.31

 

つねに自分のすることが社会のため
人類のために役立つことを目標として進んでいく
人のためということは自分のためであり
自分を完成することは人のためであるのだ

 

Our constant goal : to advance so that what one does
Will be for the good of society and mankind.
"For the sake of others" means "for one's own sake,"
To perfect one's own self means to benefit others.

No.32

 

どんな境遇にある者も生き甲斐のあるように生きなければならない
真に生き甲斐のある生き方をしてこそ
はじめて生きることに意味があるのだ

 

No matter what our circumstances may be, we must live a worthwhile life.
By living a life that is truly worthwhile,
Only then is there a meaning in life.

No.33

 

その日その日に最善の努力をつくそう
自分の力のかぎり努力しながら毎日を過ごすとき
われらは大いなる喜びと生き甲斐を感じるのである

 

Do one's best from day to day,
By doing one's utmost each passing day,
We shall thrill to a great joy and find that life is worth living.

No.34

 

自然を愛し 世を愛し 人類を愛しつつ
絶え間なき向上への努力 理想へのあこがれ
真・知・善・愛・美の追求
そは久遠の光を望む人々の日常でなくて何であろう

 

While loving nature, loving the world, loving mankind,
Endeavor for constant improvement, yearn for the ideal.
Pursue truth - knowledge - love - beauty.
How else can be the daily life of those who desire eternal light?

No.35

 

げに静かに呼吸するばかりが人生ではない
自由な朗らかな勇気をもって力強く生きよう
そして清らかな生の気をくみとろう

 

Surely to breathe quietly is not the whole of existence.
Let us live strongly with a courage that is free and bright.
Thereby inhaling the pure spirit of life.

No.36

 

人生にはたしかに耐え難い苦しみも不幸もある
しかし いつまでもその為に悩んでいてはいけない
少しでも勇気が出てきたら 心の寂しさに打勝って
さらに前進をつづけなければならぬ

 

Certainly life has unendurable sufferings and misfortune.
Do not be distressed by them forever.
When courage rises a bit, overcome the loneliness in one's soul
And advance further on

No.37

 

物事は起るべくして起り 消え去るべくして消え去るのである
眼前のことばかりにとらわれて 喜んだり悲しんだり
腹を立てたりする前に 物事の前後をよく考えよう

 

What will happen will happen, what will vanish will vanish.
Before being moved by immediate events to feel joy, sorrow or anger,
Reflect deeply on the sequence of things.

No.38

 

小さな日常の出来事のために思い煩うを止めよ
天地万物はもともと一体
清風明月はいずれの所にもあるのだ

 

Cease being troubled by the small happenings of everyday life.
All things in heaven and earth are one
A refreshing breeze and a bright moon are to be found in every place.

No.39

 

何よりも戒むべきは自分の心のゆるみである
何よりも難しいのは心に思うことと
日常の行いとを一致させることである

 

Be vigilant the most against the laxity of one's soul.
Difficult, above all else, is the concurrence of
One's thoughts and one's daily actions.

No.40

 

厳粛に
そして朗らかに生きよ

 

Seriously
And cheerfully should we live.
No.41

 

苦悩があればこそ精神が発達していくのである
苦悩がなくては人生の向上は不可能であり
人生は苦悩をへて完成へ向かうものである

 

It is through suffering that the spirit progresses.
Without suffering, improvement of human life would be impossible.
Human life advances toward perfection through suffering.

No.42

 

人生にはたしかに瞬間的に耐えられない苦痛のあることがある
生きていることがいやになる時もないとはいえぬ
しかし どんな場合にも生きられるだけ生き
そして生きる道を見出すよう努めねばならぬ

 

Certainly human life brings pains which cannot be endured momentarily.
Nor can it be said that there will not be moments in which one will tire of living.
But in all cases, we must live as long as we can
And discover the way to live.

No.43

 

人に親切をつくそう
人に親切をつくして その人が少しでも幸福になれば
自分の心に喜びを感じるであろう

 

Be kind to people.
If by being kind to a man, that man becomes an iota happier,
One's own heart will be filled with joy.

No.44

 

どんな場合にも心の持ち方が大切である
失意の境遇にあっても
決して望みを失ってはならない

 

Under all circumstances, one's attitude is most important.
Even in a despairing situation,
Hope should never be lost.

No.45

 

たとえ逆境にあって苦しむことがあろうとも
決して勇気を失ってはならぬ
苦しい目にあってこそ初めて自分が鍛えられ
苦しい中を通ってこそ自分が完成へ向うのである

 


Even if one suffers from adversity,
Courage should not be lost.
It is by meeting difficulties that one is disciplined.
Only by overcoming difficulties does one advance toward perfection.

No.46

 

自分を完成するには自分の天分をよく知り
自分に与えられたものを最もよく生かすことが大切である
そしてどこまでも人間らしく生き
人間らしい仕事をしようではないか

 

To perfect one's self, it is important to know one's own aptitude well
And to make the best use of what one has been granted.
Let us thus live as human beings
And work as human beings should.

No.47

 

自分を完全に生かすことは容易なことでない
だが それを目指して進むところに希望があり
よろこびと力を感じるのである

 

To perfect one's self is not a simple task,
Hope lies in advancing toward such a goal,
Bringing joy and strength.

No.48

 

人間は自分一人をさえ思うように生かすことが容易でない
それゆえ 他人にたいしては
できるだけ寛大でなければならない

 

For anyone to live as he wants to live is not a simple thing.
Therefore, toward others we should be
As tolerant as we possibly can

No.49

 

人生は複雑である 一生の間には
どんな出来事に出あうかわからない
どのような場合にもそれを善用して
自分を完成するために役立たせよう

 

LIfe is complex;
Who knows what may happen during a lifetime?
Whatever happens, make the best use of it
And let it serve in perfecting one's own self.

No.50

 

自分の力の足りないこともあろう 間違うこともないとはいえぬ
間違ったら直せばよい ころんだら起きていけばよい
ただどんな事情のもとでも難を冒して進もう
努力しようという覚悟だけはもとなければならぬ

 

At times one may lack strength, no one can say that mistakes will not be made.
If a mistake is made, correct it; if one stumbles, rise and move on again.
Whatever the circumstances, let us advance despite all difficulties.
The determination to make an effort must never be lost.

No.51

 

忙しい生活のうちにも常に自分を反省しよう
それを怠ると 知らずしらずの間に
間違った道へ足を踏みこんでしまうようになる

 

Even in the midst of our busy existence, let us constantly introspect.
For if this is neglected, before one knows it,
One will have stepped onto the wrong path.

No.52

 

今日は永遠の一部である
遠いことを考えても
眼前の生き方を忘れてはならない

 

Today is a part of eternity.
While thinking of things that are remote.
Never forget how we should live today.

No.53

 

放逸なわがままな生活から離れよう
得意な境遇にいても有頂天にならず
人にほめられても はやされても
そのために心がおごってはならない

 

Let us abandon a life of self-indulgence and selfishness.
Even if placed in favored circumstances, never become elated.
Even if praised or applauded by others,
Let not your own soul become arrogant.

No.54

 

この世は愛によって結ばれる 互に助け合い
互に補い合い また互に戒め合って生きる
それが人間の本当の生き方であるのだ

 

This world is bound by love; live helping each other,
Complementing each other, admonishing each other.
That is the true way in which men should live.

No.55

 

安心し落ちつき楽しんではたらく
苦しみなく悩みなく自分の仕事につとめる
このような心境に達した人は
平和な人であり自由の人である

 

To work unworried, calmly, joyously,
To carry out one's task without pain or suffering.
He who has reached such a state of mind
Is a peaceful man, a man who is free.

No.56

 

人と人との調和にとって怒りほど害になるものはない
それゆえ 他人に対する礼儀や 自分の言行にたいする
反省を失った怒りは自制しなければならない

 

Nothing so harms the harmony between man and man as anger.
Therefore, control the anger that may be caused by lack of reflection
On courtesy toward others or the way one acts.

No.57

 

互に怒りの心をもって争い合い たたかい合うと
人生の平和は破れ
人生の静けさは根本から乱れてしまう

 

If people quarrel or battle with angry hearts,
The peace of mankind will be destroyed.
The tranquility of existence will be disturbed from its very foundation.

No.58

 

正しい怒りの感情は
人生をよくするための発奮と勇気と
努力となって現われねばならない

 

The emotion of righteous anger
Should become apparent in stimulus, courage and effort
To make life better..

No.59

 

悪意や ひがみや 他人に対するねたみや
利己的な考えや ひねくれや
卑劣なことなどは一刻も早く捨て去って
正しく生きようではないか

 

Malice, prejudice, jealousy of others,
Egostic thought, distorted views,
Sordid words - let us cast all these away
And live a righteous life.

No.60

 

どんなに多くを学んでも、
どんなに多くの書物を読んでも
自分の行いが正しい信念と一致しないようでは
何の役にも立つものではない

 

No matter how much one may learn
No matter how many books one may read
Of no use whatsoever will they be
Unless one's actions concur with correct belief.

No.61

 

今日の人間はまだ互に憎み合い 互に争い合い
不平をいい合うことがないわけでわない
だが われわれはお互いに喜び合い感謝しあう
美しい愛の世界を目指して進んでいるのである

 

It cannot be said that men today do not
Hate each other, quarrel with each other, exchange mutual complaints.
And yet, we share happiness and gratitude too
As we advance toward the goal of a beautiful world of love.

No.62

 

現実は完全ではない その不完全な中にあって
絶えずより完全なものを求めつつ
生きていくのが人間の本性であるのだ

 

What we have today is not perfect, but in the midst of that imperfection.
To live so as to seek constant perfection
Is the real nature of man.

No.63

 

人間は個人として生きなければならないと共に
社会人として生きなければならない

 

A man must live both as an individual
And as a member of society.

No.64

 

心のうちに常に喜びと平和をもちながら
同時に現実の社会と交渉を重ねつつ
力強い人生を送る者こそ その一生は
人間最高の芸術といいうるであろう

 

He who always holds joy and peace in his heart
And yet continues to associate with society as it is
While living strongly -- the lifetime of such a man
Can be called the supreme art of human beings.

No.65

 

われらは絶えず成長しつつある
より完全なもの より完全なものをと追求しつつ
そして人類全体をより完全なものにするために

 

We continue to grow unceasingly
As we seek greater and still greater perfection
In order to make mankind as a whole a more perfect thing.

No.66

 

人類を離れて個人なく 個人がなければ人類がない
自分をより完全に生かそうとつとめることは
われらの内心の要求であり それは
やがて人類全体のためになるのだ

 

Without the human race, the individual cannot be; without the individual, mankind cannot be.
To endeavor to make one's own self more perfect
Is our inmost desire--and this
Will eventually benefit mankind as a whole.

No.67

 

地上の人類が調和して
よりよく生きるために役立つ仕事をする者は
自己の生命を最高に生かすものである

 

He who works and serves so that all men on earth
May attain harmony and lead better lives--
Such a man is making the most of his own life.

No.68

 

自分の生命を最もよく生かした者には
死も恐ろしくないであろう
それは静かな 平和な そして
自然の道にかなうものとして感じられるであろう

 

He who makes the most of his own life
Will have no fear of death
Which will merely seem to lead
To a quiet, peaceful, natural road.

No.69

 

しずかに自分の心を大自然の偉大な力に通わせながら
人間として生きられるだけ生き
そして社会のため人類のために
はたらけるだけ働いてみようではないか

 

Calmly attuning our hearts to the majestic power of Mother Nature,
Let us live as men as long as we can live
And toil as long as we can toil
For the sake of society and for mankind's sake

 

No.70

 

 

 

額田晉著「自然生命人間」より(1957年発行)

《自然:NATURE》

A transcript of NATURE LIFE MAN by Susum Nukada

(1963; Translated by Tatsuo Shibata)

いまでは学校教育が進んでいるから、人々はそれぞれかなり広い学問を身につけている。しかし今日のあらゆる学問、たとえば物理学や化学や、法律や経済学などは人間に理屈や知識を与えるけれども、それ自体は人間の歩むべき道を教えてくれない。それが大きな欠陥で、したがって現代の人は人生の意味についての信念がなく、理屈や知恵をもち合わせていても、それをどのように使ってよいかわからずに、みんなが迷っている。

Because of the progress of school education, people today are respectively learned in many fields. Nevertheless, all the subjects that are being taught today, such as physics and chemistry, law and economics, provide people with theories and knowledge but do not teach them how to live. This is a great defect. Consequently, people of the present age lack conviction regarding the meaning of life. They are confused since they possess theories and knowledge but do not know how to use them.

それでは宗教に頼る気持があるかというと、だれでも宗教心のない者はないであろう。しかし科学の発達につれて既成宗教にたよる気持がだんだんにうすくなってきた。

If we then ask if there is any feeling of reliance on religion, it can be said that nearly everyone is religiously inclined. And yet, due to the advance of science, the feeling of reliance on established religions has gradually weakened.

宗教はもとより心の問題であり、自然科学は自然界の物的現象、すなわち物質を対象として研究するのであるから、一般に科学と宗教とは全然反対の立場にあるように考えられている。しかも現状では、科学の方はどんどん発達して無電や航空機、それからラジオやテレビ、最近には原子力の応用など、科学の力というものは誰にでもすぐわかる。

Religion is essentially a spiritual matter. Since natural science studies the physical phenomena of the natural world, that is to say, since it deals with matter, it is commonly thought that natural science and religion stand at opposite poles. Moreover, as things are today, science is continuing to progress rapidly and everyone can easily understand the power of science--the wireless, airplanes, radio, television, and more recently the application of atomic power.

それゆえ今日の人は科学の力はみとめるが、宗教というものを無用のものとしてふり向こうとしないようになっている。その結果はどうかというと、人間は物質だけにとらわれて、どういう所に心をおいて一生を進んでいけばよいかということがわからなくなる。

The people today therefore recognize the power of science but tend to pay little attention to religion which is considered unnecessary. The result is that people become so absorbed in material things that they are unable to understand the attitude that they should take toward life itself.

それではどうすればよいのか。
そこで考えられるのは、よく知られた和歌にもあるように「わけ登るふもとの道は多けれど同じたかねの月を見るかな」で、同じ目標に到達するにもいくつかの道があるということである。

What, then, should be done?
The thought that comes to mind is the Japanese "Waka"poem which says, "Many are the paths with which to climb a mountain, but from the peak the selfsame moon is seen." In arriving at the identical goals, there are a number of paths that can be taken.

いままでは科学の発達の経路にあったからやむをえなかったであろうが、もう最近には科学というものは非常に発達しているのであるから、われわれは科学の立場から人間とはどういうものか、どういう所に心をおいて一生を過ごせばよいかということをもう一度考え直してみる必要がある。それが今日の人々にとって最も大切なことであると信ずる。

Up to now it might have been difficult while scientific progress was underway, but now that science has already made a tremendous development, it is necessary for us to reconsider, from the standpoint of science, what men really are and what their attitude toward life should be. I am convinced that this is the most important thing for the people of the present day.

それにはまず自然とは何かということを考察し、それから生命の問題におよぶのが順序であろう。それゆえ、少し堅苦しいかも知れないが、ここではまず科学上の知識を総合して正しい自然観を会得しようと思うのである。

In doing so, the proper order would be to study what nature is, first of all, and then proceed to the problem of existence. Therfore, although it may be a bit academic, let us begin by coordinating scientific knowledge in order to gain a correct outlook on nature.


宇宙間にただようわれらの地球  Our Earth Drifts In The Universe

最低の発達段階にある古代の民族はただその日その日に生きていくだけで、宇宙というようなものについて何も考えた事はなかったであろう。今日でも人々は毎日の生活に追われているので、宇宙についての知識はもっていても、それを現実の生活に結びつけて考える余裕などはないらしい。

The races of antiquity who were in the lowest stage of development lived only for the day and probably gave no thought whatsoever to the universe. Even today, people are oppressed by their daily existence and although they may have some knowledge of the universe, they do not seem to have sufficient leisure to think of the universe in relation to their actual life.

しかし、われわれが地球上に生きている以上、すべての人間は宇宙間における地球の位置についての概念を一時も忘れてはならないと思う。

Nevertheless, as long as we are living on this earth, I believe that no one should forget even for a moment the realization of the position that this earth holds within the universe.

そこで、最近は電波天文学の急速な発達により宇宙についての一そう深い知見がもたらされようとしているが、ここには今日の宇宙論の大要について述べてみよう。

Due to the recent rapid development of radio wave astronomy, more extensive information is being obtained in regard to the universe, but let us dwell here on a general outline of the present day theory of the oniverse.

われわれの住んでいる地球は、周知のように太陽のまわりをめぐる一つの惑星に外ならない。太陽系に属する惑星を太陽に近い方から数えると、まず水星、金星、つぎにわれらの地球、それから火星の順で、火星の外側には無数の惑星の群がまき散らされた砂のように運行しており、それよりもさらに外側には、順次に木星、土星、天王星、海王星、冥王星が運行している。

As it is known, the earth that we live on is but one of the planets revolving around the sun. If the planets of the solar system are listed in order, beginning with those nearest the sun, there is Mercury first of all, Venus, then our Earth, followed by Mars. On the outer side of Mars, there is a cluster of countless planets moving like scattered sand. Farther away are, in order, Jupiter, Saturn, Uranus, Neptune and Pluto.

これらのもろもろの惑星は、いずれも万有引力の法則に支配されながら、太陽を中心にそれぞれ長円形の軌道を描いて自転しながら規則正しく運行しているのである。また惑星のうちには、その回りにいくつかの衛星をもつものがあり、地球の場合には月がそれである。
では太陽系の中心である太陽とは一体どんなものであるか。

Controlled by the laws of universal gravitation, these various planets move methodically, each rotating along an elliptical course around the central sun. Some of these planets have satellites. In the case of the earth, the moon is its satellite.
What, then, of the sun - the center of our solar system?

自らは光ることのない惑星や衛星に光と熱を供給するものは、いうまでもなく太陽であり、惑星上でのほとんどすべての現象は、みな太陽からのエネルギーをうけて行われているのである。ことにわが地球上におけるあらゆる活動を考えてみても、太陽がいかに大きな支配力をもっているかがわかるであろう。

Needless to say, it is the sun that supplies light and heat to the planets and their satellites which do not shine by themselves. Nearly all of the phenomena occurring on the planets are due to the energy received from the sun. When we think, in particular, of the many activities on this earth, we are able to understand what a great controlling force the sun possesses.

とにかく太陽のエネルギーはたいへんなもので、われわれ人類が今日この地上において生存しながら絶えず文化の建設への努力をつづけていくことのできるのも、もともと太陽のおかげなのである。

In any case, the sun's energy is tremendous. It is because of the sun that we human beings are able to live on this earth at all and continue unceasing
efforts to build up our civilization.

かように太陽は実にわが地球上における人類と文化の源泉であるから、したがって太陽は他のあらゆる天体とは全然異なった特別のものと考えられていた。
しかし今日からみれば、太陽が独特であるのは太陽系に属する星にたいしてだけであって、晴れた夜空を仰ぎ見るとき全天にまき散らされた大多数の星は、
いわゆる恒星と名づけるわが太陽系には属さない他の星の世界であり、その一つ一つは独立した他の太陽なのである。

Since the sun is in this way the wellspring of mankind and civilization on this earth, the sun was once considered to be something special, entirely different from all other heavenly bodies. Today, however, we know that the uniqueness of the sun is only in relation to the stars of our solar system.
When we gaze at the sky on a clear night, shining there is a world of innumerable stars, the so-called "fixed stars," which do not belong to our solar system. Each of these independent stars is itself another sun.

そしてわが太陽系の属する恒星系は銀河系と呼ばれ、太陽から銀河の中心までの距離はおよそ3万光年ぐらいと推定されている。ただし光年とは光が1ヵ年間に走る距離を意味する。そしてわが太陽は銀河宇宙の中心に対し約2億年を周期として回転しているという。

The fixed stars which include our solar system are called the Milky Way galactic system. It is estimated that the distance from the sun to the center of the Milky Way is about 30,000 light years. (A light year is the distance that light travels in one year). With this galactic system as the center, our sun is said to be revolving in a cycle of about 200 million years.

ところが、銀河系の彼方にも他の恒星系があって、今日ではこのような独立した他の銀河世界は宇宙空間に無数に知られてきた。それらはわが銀河系には属さないから一般に超銀河星雲と呼ばれている。

Moreover, beyond this galactic system are other galaxies of fixed stars. Today, the existence of countless such independent galactic worlds within the entire cosmos is becoming known. Since these do not belong to our galactic system, they are generally called distant nebulae.

この銀河系外の星雲には渦状星雲が最も多いが、そのほかに一つ一つの星に分離できないガス体からなると思われるものもあって、それらを比較し分類すると、しだいに変化していく一つの系列にならべることができる。そしてそれはおそらく超銀河星雲の進化の過程を物語るものと考えられている。そのうちでもわが銀河系は最も進化した段階であるという。

Among these distant nebulae, the most numerous are spiral nebulae. There is also seemingly gaseous matter which cannot be separated into individual stars. When these are compared and classified, it is possible to arrange them into a succession of gradual metamorphoses which, it is believed, represent various stages in the evolution of the distant nebulae. It is said that our galactic system is in the stage of the most advanced evolution.

今日の宇宙論にしたがえば、わが宇宙はこのような数百ないし千億の恒星の集団である渦状星雲が無数に集まって構成された拡がりつつある球状宇宙であり、その半径はおよそ40数億またはそれ以上であるといわれる。

According to the present day theory of the universe, ours is an expanding spherical universe mada up of countless spiral nebulae which are swarms of from tens of billions to hundreds of billions of fixed stars. The diameter of this universe is considered to be about 4 billion light years or more.

このような距離は想像もつかぬ遠方であるから、実際には宇宙はほとんど無限であると考えてさしつかえないであろう。そしてわれわれ人間は銀河系という一つの島宇宙に住んでいるわけで、そのうちの一つの恒星がわが太陽なのである。

Since this is a distance that staggers the imagination, it will suffice to regard the universe as being practically limitless. We human beings live in one island universe called the galactic system, one of whose fixed stars is our sun.

星雲の一つであるわが銀河系内の一恒星としての太陽と、さらに太陽をめぐる一つの惑星である地球上のわれら人間の姿を思うとき、広大無辺なる宇宙と小さな人間との極端なちがいに驚かされるとともに、われわれ地上の人類は、大自然の中に含まれた小さな生物学的存在としてすべて同じ運命のもとにおかれていることを悟るであろう。

When we think of ourselves as human beings on this earth which is but one planet revolving around the sun, which again is but one fixed star in our galactic system, the extreme in contrast between tiny man and the vast and infinite universe must startle us. At the same time, we must surely realize that mankind on this earth is a small biological existence embraced by Mother Nature and that all of us share the same fate.

今日地上の人類はいろいろの民族や国家に分かれて互に相争っているが、このような根本の事実を忘れて、ただ人間社会のことばかりに心をうばわれていたのでは、世界の恒久平和はとうてい望めないのではあるまいか。

Mankind on this earth today is divided into various races and nations, struggling with one another, but if we forget the basic reality and become absorbed only in the affairs of human society, will it not become impossible to hope for lasting peace on earth?

しかし幸いにも近ごろは人々の興味がしだいに地球外に向けられているので、それはやがて人類融合への前提となるであろう。

Fortunately, the people's interest is gradually turning away from the earth. Eventually this may become the premise for uniting all mankind into one.

 

現象の奥に潜むもの   Back Of All Phenomena

さて宇宙に旅してその雄大さに驚嘆したわれわれは、いまや転じて極微の世界に入り物質の根元を探求してみようと思う。

Now that we have journeyed into the universe and marveled at its grandeur, let us enter the world of the atom and inquire into the origin of matter.

宇宙についての知識が近代における天文学の発達によって著しく進歩したとともに、物質の実体に関するわれわれの知識もまた最近の理論物理学の画期的な発達にともなって全く異常な進展をとげたのである。いまその成果のうちからごく常識的な点だけを展望してみよう。

Just as knowledge of the universe has progressed remarkably in recent times due to the advances in astronomy, so has our knowledge of what matter actually is mada an extraordinary development due to the recent epochal progress of theoretical physics. Let us now view some of the generally known points in this field.

われわれの周囲には山があり川もあり、いろいろなものがある。それら自然界に存在するあらゆるものの根元を追求すると、すべての物質は、水素や酸素・鉄・鉛などのような、わずかに100種あまりの元素とその化合物に過ぎない。そして元素または化合物は、いずれも非常に小さな粒子である原子からか、あるいは原子の集合体である分子から構成されている。

Around us are mountains and rivers, and many diverse things. When we inquire into the origin of things that exist in the natural world, we find that all matter is made up from about 100 different elements such as hydrogen, oxygen, iron and lead, and their chemical combinations. Then again, these elements and chemical combinations are each composed of atoms or compounds of atoms called molecules.

原子はまん中に陽電気を持つ重い核があって、その回りを陰電気を帯びた軽い電子が取り囲んで急速な運動をつづけている。その状態はよく太陽の回りを惑星がまわっているのにたとえられている。それが原子の構造である。

In the center of every atom is a heavy nucleus of positively charged protons. Rotating rapidly around the nucleus are light negatively charged electrons. This condition is often likened to the planets revolving around the sun. Such is the structure of the atom.

それでは原子の核とは何かというと、それは陽子と中性子が中間子などの力により結合してできているのである。電子をも含めたこれらのいわゆる素粒子は物質の極微の粒子で、すべての元素の原子に共通である。

If one next asks what the nucleus of the atom is, it can be said that it consists of protons and neutrons held together by the force of mesons. The so-called elemental particles, including electrons, are the smallest particles of matter and are common to all the atoms of the elements.

今日までに知られた素粒子は約20種あまりあるが、それらは一般に安定な存在ではない。しかもいろいろの素粒子はお互いに関連しあっていて、なかでも陽子と中性子は互に引き合って、その幾つかが一定の法則にしたがい結合して原子の核をつくり、それがさらに電子を引きつけて原子を形成し、こうして今日われわれの見る自然界ができ上がっているのである。

About 20 kinds of elemental particles are known today. None of them is in a static state. The various elemental particles are related to each other but, among them, protons and neutrons act on each other and a number of them combine, according to a fixed law, to form the nucleus of an atom. This further attracts electrons tto form an atom. In such a way is built the natural world that we see today.

ところで動植物体は無生物と異なって、いずれも生命をもち、細胞の集合体として個々の細胞のうちに生命力を宿している。しかし、このような細胞も物質という点からみれば、結局は蛋白質や脂肪・含水炭素・水・塩類などの分子からなっており、その分子は原子より、それはさらに無生物と同じ素粒子から出来上がっているのである。

Differing from inanimate objects, animals and plants possess life and each is a collective entitiy of cells, the power of life being lodged in each individual cell. Even this cell, however, when considered from the material standpoint, ultimately consists of molecules such as protein, fat, carbohydrate, water and salt. These molecules are formed from atoms, which, as in the case of inanimate objects, are composed of particules.

かように考えてくると、われわれの目に映ずる自然界のあらゆるものは、山も川も草も木も、ないしは私たち自らの身体も、すべては電子や陽子、中性子などの極微の共通な素粒子から構成されていることがわかる。

When we think in this way, we are able to understand that everything we see in the natural world - mountains, rivers, grass, trees, even our own bodies - is composed of tiny electron, proton, and meson particles which are common to all things.

これらの素粒子は、粒子とはいうものの、われわれが日常の物体についてみる円いとか四角いとかいうような形を示さない。そこで普通は他の粒子との交互作用の及ぶ範囲を大きさとしているが、それは極度に小さく、実に1億分の1センチメートルのさらに1万分の1程度であるというから、これまたほとんど想像もつかぬ極微の世界である。

Although these elemental particles are called particles, they are not round or square or in any of the shapes in which we see matter in everyday life. Their size is generally measured by the range in which they mutually act on other particles. This is the utmost in the infinitesimal :
about 1/100,000,000th of a centimeter divided further into 1/10,000th, a world of unimaginable smallness.

これから考えると、現象の奥にはある永劫不滅の実体があって、それがそれぞれの法則にしたがい、この世の中にいろいろなものーあらゆる無生物あるいは生物として姿をあらわしているのだと解するより外はない。まったく夢のような話である。

When we think of these things, we can only construe that there are, back of all phenomena, eternal and imperishable realities which, in accordance with their respective laws, appear in the many forms we know in this world--both inanimate matter and living things.

 

大自然と法則   Nature And Laws

かように宇宙の大きさはほとんど無限であり、一方では物質の根源は実に想像もおよばぬ極微の世界である。それがこの世の中にいろいろな現象として姿をあらわしているのであるが、それは一体どういうことなのであろう。そこには何か神秘な力がはたらいているのではなかろうか。

In such a way, the size of the universe is limitless while, on the other hand, the origin of matter lies in a world of truly unimaginable smallness. These appear as various phenomena in our world but what does it all mean ? Is there not some mysterious force at work here ?

そこでつぎには物質の存在、それから成立、および変化について考察してみよう。

Let us next consider the existence, formation and transformation of matter.

まず天体の運行について考えてみると、空に輝くあのような無数の星にしてもすべて秩序正しくそれぞれの方向に動いており、われらの住む地球は一つの惑星として自転しながら1年365日ーたがうことなく恒星である太陽の回りをまわり、月はさらに一つの衛星として27日あまりで規則正しく地球のまわりをまわっている。

When we think, first of all, of the movement of heavenly bodies, the countless stars that shine in the sky are all moving in their respective directions in an orderly manner, the earth that we live on is revolving unerringly as one planet along its yearly orbit of 365 days around the fixed star that is our sun,
and the moon as a satellite is also moving methodically around the earth on its course of about 27days.

それはいうまでもなく万有引力の法則によって支配されつつ動いているのである。地球上のいろいろなものもすべて同様の法則に支配されているが、特にこれを重力の法則と呼んでいる。

Needless to say, they are moving according to the Law of Universal Gravitation. The various things on earth too are controlled by a similar law which in this case is specifically called the Law of Gravity.

このように自然界における万物は、無生物であると生物であるとを問わず、また固体でも液体でも気体でも、ことごとくみなそれぞれの法則に支配されながら存在しているのである。

In this way, all things in the natural world, whether inanimate or animate, whether solid, liquid or gaseous, exist under the control of their respective laws.

つぎにこの世の中のいろいろな物はどのようにして成立したのであろうか。

Next, in what way were the various things on this earth formed ?

地上においてわれわれの目に映じ、手に触れるものは一見していろいろ様々であるが、すべての物質はそれを根元的に考察すると、いずれもそれぞれの元素の原子よりなり、原子はさらにいくつかの共通な素粒子からできている。それであるから、つまり前にも述べた通り、非常に小さな極微の素粒子があって、それが一定の法則にしたがって集まることにより、この世の中にいろいろな物として姿を現しているわけである。

The things on this earth that our eyes can see and that our hands can feel seem at first glance to have many shapes, but when the origin of all matter is studies, each is formed from the atoms of its respective elements while these atoms are in turn formed from a number of common elemental particles. Therefore, as mentioned earlier, elemental particles of extremely infinitesimal size combine in accordance with fixed laws and make their appearance in this world as various forms of matter.

だから、物の成立を元にさかのぼって考えてみても、そこには神秘な法則の存在を否定することはできない。

Thus, even as we trace the formation of matter back to its origin, the existence of mysterious laws cannot be denied.

それからわれらの住むところには春がきて花が咲いたかと思うと、まもなく青葉にかわり、秋はもみじ、冬は雪というように、地上のあらゆる現象は絶えず変化を示してやまないが、それはただ外観上のことで、これを本態的に考察すると、すべての現象に際し物質ーもっと根本的にいえばエネルギーはつねに不生不滅で、少なくともエネルギー不滅の法則に支配されている。

Then, again, spring comes to the place where we live and flowers bloom, but shortly afterward this gives way to a season of fresh verdure, followed in turn by autumnal leaves and winter's snow. In this way, every terrestrial phenomenon shows constant change but this is merely the outward appearance.
If its substance is studies, matter in every phenomenon, or more basically energy, can neither be created nor destroyed, being controlled as it is by the Law of the Conservation of Energy.

たとえば人間が生命を保つためにはエネルギーが必要である。それはどこからとっているかというと、食物からとっている。われわれの食物には植物性のものと動物性のものとがあるが、動物は植物を食べて生きているのであるから、つまりわれわれは直接または間接に植物からエネルギーをえているのである。そして植物は葉と根から吸収した養分を合成するときに、太陽のエネルギーをとって貯えているのであるから、結局われわれが体温を保ち運動し、また思考したりしているのは太陽のエネルギーによっているのである。

Man, for instance, needs energy in order to sustain life. Whence comes this energy ? From food. Our food includes both vegetable matter and animal matter, but since animals live by eatjng plants, we are securing all our energy either directly or indirectly from plants. In synthesizing the nutrients absorbed through leaves and roots, plants obtain and store the sun's energy, and therfore, it is ultimately with the sun's energy that we are able to maintain bodily temperature, to move about, and to think..

それから今日では科学が発達して原子のエネルギーを利用しうるようになったが、これまでの蒸気機関を例にとると、それは石炭のもつエネルギーが一部は熱のエネルギーとなり、一部分が仕事のエネルギーに変っているのである。そして石炭は古代の植物であるから、やはりそのエネルギーの源は太陽からえたのである。それゆえ太陽のエネルギーによって蒸気機関が動いているわけである。

Science has developed today to the point where it is utilizing the energy of the atom. If the steam engine used heretofore is taken as an example, however, this is the energy possessed by coal transformed partially into caloric energy and partially into work energy. Moreover, since coal is formed from the vegetable matter of ancient times, the source of its energy too comes from the sun. It can thus be said that a steam engine is operated with the sun's energy.

また電車が走っているのは、電気のエネルギーが仕事のエネルギーに変っているので、その電気が水力で起されたのであれば、水のもっていたエネルギーが電気のエネルギーに変ったので、その水は雲から来り、雲は太陽の熱をうけて地上から蒸発した水であるから、つまり太陽のエネルギーによって電車が動いているわけである。

When a streetcar is running, this is electrical energy being transformed into work energy. If this electricity is derived from hydraulic power, it is the transformation of the energy possessed by water into electrical energy. But since the water fell from a cloud and since the cloud is water that evaporated from the earth under the sun's heat, it can thus be said that the streetcar runs on the sun's energy.

かように、エネルギーには化学的エネルギー、電気的エネルギー、仕事のエネルギー、熱のエネルギーなどがあって、いろいろの形に変換しうるが、その全体の量は少しも減りもしなければ増えもしない。これがいわゆるエネルギー不滅の法則で、どんなに外観上いろいろな変化をしたようにみえても、そのエネルギーはつねに不生不滅である。

In this way, energy undergoes many forms such as chemical energy, electrical energy, work energy and caloric energy, but the total amount neither decreases nor increases. This is the Law of the Conservation of Energy. Whatever transformations may occur in the outward appearance, energy can neither be created nor destroyed.

それゆえ、地上の物的現象がどんなに移りかわっても、そのいろいろの現象や変化は、みな偉大な法則に支配されつつ、ただ外観が変化しているのである。

Therefore, no matter what changes may be undergone by material phenomenon on this earth, the various phenomena and transformations are controlled by a mighty law and it is only the outward appearance that changes.

かようなわけで、自然界は物からなっているのではあるが、自然界のあらゆる物質はー無生物でも生物でもーすべて法則によって成立し、みな法則に支配されながら存在しているのである。また地上のいろいろの現象や変化というものも、いずれも法則によって支配されながら起っているということは確かである。

It can thus be seen that although the natural world is composed of matter, all matter in the natural world - whether inanimate or animate - is formed according to laws and exist under the control of laws. It is also certain that various terrestrial phenomena and transformations all occur in accordance with their respective laws.

 

究極を求めて    In Search Of The Ultimate

今日の知識人ならば法則の存在ということをいって頭にはいらぬ人はないであろう。法則の存在はたれ一人疑う者がないはずである。その法則はいいかえれば無形の偉大な力、神秘なる絶対的の存在で、それは実に宇宙真理のあらわれである。

When we say that laws exist, every intellectual person today will be able to understand this. Surely there is no one who will deny the existence of laws. These laws, stated in other terms, are an intangible but mighty force, a mystic and absolute existence, and a manifestation of the universal truth.

自然界における法則はまだほんの一部しかわかっていないので、わかっていないから、われわれは科学という一つの方法によってこの偉大な無形の力を部分的に見出そうとつとめているわけである。

Of the laws of the natural world, only a small part is known as yet.
Because so much is unknown, we are trying through a method called science partially to discover this mighty but intangible force..

自然科学の目的は真理の探究にあるといわれるが、法則は真理の現われであり、科学の研究はその法則を見出し、かつ一面においてそれを応用することを努めているのである。つまり自然界には大きな法則が潜在しており、それを部分的に見出そうと努めているのが自然科学なのである。

Search for truth is said to be the objective of natural science but science laws are a manifestation of the truth, the study of science endeavors to discover these laws and to apply them as well. In other words, great laws are latent in the natural world and natural science is the effort to discover them partially.

そういう意味からいうと、試験管内におこる反応や顕微鏡の下に展開される美しい像は、すべて自然界における法則の存在をわれわれに物語っているのだといいうるであろう。
道のほとりにころがっている石ころや、一滴の水にしても同じようにことごとく自然の法則によって生じ、法則によって支配されながら存在しているので、科学的に冷静に考えれば、そういうことは少しも不思議ではない。
そしてその法則そのものはものではない。それはもともとから大自然のうちに潜在している偉大なる無形の力であり、神秘なる絶対的の存在である。

In this sense, it can be said that the reaction occurring within a test tube and the beautiful image unfoldind under a microscope tell us of the existence of laws in the natural world.
Similarly, a pebble fallen by the roadside and even a drop of water have originated according to natural laws and exist controlled by laws. But when considered calmly from the scientific viewpoint, this is not strange at all.
These laws themselves are not things. They are inherently a mighty but intangible force latent in Mother Nature, a mystic and absolute existence.

かように、自然界におけるあらゆる物質、それは生物であっても無生物であっても、固体でも液体でも気体でも、あらゆるものは、すべて無形の偉大な力によってでき、それによって支配されているのである。
それであるから、つまり宇宙間のどんな小さなものでも、またそこにどのような変化が行われたとしても、いつでも無形の偉大な力が宿っているということをしっかりと心のうちにつかむことが最も大切であると思う。現代人のもつべき世界観の根本はそれで、少なくともそれはわたくしの自然観であり、わたくしの人生観の根本はそれである。

In this way, all matter in the natural world - whether animate or inanimate, whether solid, liquid or gaseous - is formed and controlled by an intangible but mighty force.
I therefore believe that it is most important to be fully aware that no matter how small a thing may be in the universe, and no matter what transformations may take place, an intangible but mighty force is lodged therein at all times. This is the basis of the outlook on the world that people today should have. At least, it is my outlook on nature and it is the basis of my view of life.

さてわれわれの回りには山もあれば川もあり、いろいろな草や木が生い茂っている。その中にわれわれは人として生をうけたのである。いいかえると、われわれ人間は大自然の一部として自然界のうちに生き、大自然のうちに生命を託しているのである。

Around us are mountains and rivers, as well as luxuriantly growing grass and trees of every description, in the midst of which we have been given life as men. In other words, we men live in the natural world as part of Mother Nature that we have entrusted our lives.

よく文章を書く人が「心はおのずから天地に通じ山河を動かす」などといっているが、自分といっても、それは大自然の一部分であるから、考え方によれば天地山河はもともと自分と一体なのである。

Writers often pen such lines as "our spirit, being one with heaven and earth, is able to move mountains and rivers." Even when we speak of "self", however, that too is a part of Mother Nature and so, in one way of thinking, heaven and earth, mountains and "self"are all one entity.

そこで、自分自身もまた自然の一部分であること、そして自然界には無形の偉大な力が潜在し、自分もその力によって生れ、その力に支配されながら存在する事を心の中にしっかりとつかみ、その所に心をおけばおのずから心のよりどころができてくる。こうして大自然に帰一し、おのが心を無形の偉大な力に通わせていれば、おのずから心の平静がえられるとともに、人生の喜びと力とがあふれ出てくるのである。

Thus, if we are fully aware that we ourselves are a part of nature, that an intangible but mighty force is latent in the natural world, that we ourselves were created and exist controlled by this force, and if our minds are thus attuned, a spiritual support for our lives will appear of its own accord. If in this way we are united with Mother Nature and our minds are attuned to the intangible but mighty force that exists, tranquility of mind will be spontaneously secured - ours will be the overflowing joy and strength of life.

これはおそらく宗教信者が神を信じ、あるいは仏に帰依したときの歓喜の情に比べられる心境であると思う。
それであるから、すべての人はぜひとも普段からこのような自然観によって生きるべきであると思う。そうすれば心に落ちつきと力とがあるから、たとえ予期しない事件やいろいろな苦難に出会ったとしても、心を取り乱さないで身を処していくことができる。
しかし理屈はそうであっても、実際にそのような心境に達するまでには、各人はしずかに自分の心の中でくりかえし、くりかえし、よく考えてじゅうぶんに心を練らなければならない。それはちょうど禅の奥義に達するためには、いくたびか坐禅をくんで心を鍛える必要があるのと同様であろう。

I believe that this is a state of mind that can be compared to the emotional ecstasy that comes to a religious worshipper who finds faith in God or trust in Buddha.
Therefore I believe that everyone by all means should always live according to such an outlook on nature. If this was done, then there will be serenity and strength in one's heart so that even if an unexpected happening or hardship is encountered, it will be possible to act without ever losing one's composure.
Even if this be so in theory, before such a state of mind can be reached, It will be necessary for everyone in actual practice, of course, to ponder these things in his mind over and over again and train the mind fully. This is similar to the need of engaging repeatedly in Zen meditation and of training the mind in order to arrive at the inmost mysteries of Zen.

わたしは坐禅をくんだわけではないが、臨床医として生命の問題について深く考えぬいた末、それと関連して、ついにこのような自然観を会得することができたのである。

Although I have not engaged in Zen meditation, I have pondered deeply, as a clinical physician, on the problem of what life is and in this connection I have finally been able to grasp such an outlook on nature as I have described.

(続く : To be continued